危機管理士制度について

本制度は、日本危機管理士機構、日本自治体危機管理学会及び明治大学危機管理研究センターが主催する「危機管理士養成講座」を受講し、資格認定試験に合格したものを対象に、認証資格「危機管理士®」1級・2級を認定するものです。学術団体が、危機管理のエキスパートとして、社会に資する人材を育成する制度です。

資格の内容

「危機管理士®」とは、危機発生時において、危機発生後の時間経過に応じた迅速・的確な危機管理対応業務の遂行が可能であり、そのための知識と技能を有し、「危機管理」に携わる人材として、平時から被害発生の軽減に努めることができる人材です。

対象となる「危機管理」の分野は、「自然災害」と「社会リスク」で、資格の種類は、「1級」、「準1級」、「2級(自然災害)」、「2級(社会リスク)」の4種類から成ります。資格のレベルは、1級が危機管理全般のマネジメントのできる統括者レベル、準1級はそれに準ずるレベル、2級が危機管理の専門知識を有し危機事象に的確に対応できる実務者レベルです。

資格の有効期限

資格有効期限は3年間で、期間満了に伴いフォローアップ講座の受講が求められます。

修了証・認定証・IDカード

講座の修了者には修了証を、試験の合格者には認定証及びIDカードが送られます。

試験へのお申し込みについて

(1)日本危機管理士機構へのご入会

受験にあたり、日本危機管理士機構へご入会ください。ご入会方法は本ホームページの入会案内をご参考にしてください。

(2)危機管理士試験へのお申し込み

各試験申込みページより申込書をダウンロードしてご記入いただき、FAX、Eメール又は郵送のいずれかにて事務局までご送付ください。 その後、指定の銀行口座に受講料、受験料をお振込み下さい。順次、事務局から受付確認のお知らせをいたします。

* (1)日本危機管理士機構へのご入会及び(2)危機管理2級試験(自然災害・社会リスク)試験へのお申し込みは、同時に手続きができます。

 

認定証、修了証、カード