危機管理士資格取得のための講座・試験

【資格取得のための講座・試験】

危機管理士®2級試験には社会リスク編と自然災害編があり、講座(座学と演習)と試験を実施しております。社会リスク編では大規模事故や企業不祥事、感染症によるパンデミックなどの人為的原因による危機に関する内容、自然災害編では地震、風水害、火山爆発、津波など様々な自然災害への対応と危機管理の取り組み等を扱った内容で構成されています。

危機管理士®1級の資格については、2級試験(社会リスク)および2級試験(自然災害)の両方に合格し、2年経過した後に受験資格が発生します。危機管理士®1級試験は災害対策本部や危機管理担当部署等においての責任者として、組織における災害対応・不祥事対応や緊急時の意思決定、平常時・非常時をつうじて総括者としての十分な能力を発揮することができるかの視点で講座内容(座学、演習、図上訓練)が構成されており、その後、筆記試験および口頭試問が実施されます。

【講座・試験のスケジュール】

危機管理士®2級講座・試験は年間でリアル2回(3日間)、オンライン2回(講義の電子配信1か月間)、危機管理士®1級講座・試験は年1回(4日間)実施しております。

資格名 目 的 試験日 費 用
危機管理士®2級

(社会リスク)

大規模事故や企業不祥事、感染症によるパンデミックなどの人為的原因による危機に関わる座学と演習 年4回
・リアル2回(3日間)
・オンライン2回
(電子配信1か月間)
受講料4万円
試験料1万円
危機管理士®2級

(自然災害)

地震災害、風水害、火山災害、津波などの自然現象による危機に関わる座学と演習 年4回
・リアル2回(3日間)
・オンライン2回
(電子配信1か月間)
受講料4万円 試験料1万円
危機管理士®1級 2級(社会リスク+自然災害)取得後2年で受験資格が発生
組織における災害対応・不祥事対応や緊急時の統括者としての意思決定、災害対策本部での行動等に関わる座学、演習、図上訓練
年1回
11月(4日間)
受講料12万円試験料3万円
フォローアップ講座 2級の資格有効期間3年満了に伴うフォローアップ及び資格更新のための講座 年2回
3月、9月
受講料1万円